素木庵ヘッダー、九州の流木・自然木の素材・作品を紹介するサイトです。
トップページ
流木について
木工の愉快な作家たち
赤瀬重夫
坂田賢次郎
芝幸男
馬場龍幸
素木庵ギャラリー
作品紹介
流木素材
リンク集
メール
宮崎県西都市/一ツ瀬ダム
一ツ瀬川ダム上流/流木止め 一ツ瀬ダム上流/流木 1 一ツ瀬ダム上流/流木 2
■川の流木にこだわりました。

人の手、動物の形、植物の葉・・・流木は見る人によってさまざまな想像力をかき立ててくれる素材の一つです。
流木について 1素木庵では、川の流木にこだわってみました。
海の流木も海水に洗われたいへん魅力的ですが、川の流木は、海のものほど強烈に洗われることなく、何となく余地があるような気がして・・・。それに以外と川の上流に行かないと、いい感じのものが見つからない!逆に、行くと「ケヤキ」「タブ」「スギ」「ヒノキ」「クワ」「カヤ」「カゴ」といった、まだ木の種類がわかる範囲で、独特の形をしたまさに自然のつくった芸術を発見!って感じです。でもまだこの段階では汚くて、これを洗ったり、磨いたりして見れるものに変わっていく。それもなかなか楽しいものです・・・。

■手強いからこそ・・・

海、山に関わらず、流木の多くは木の堅い部分が残ってその形をつくっています。さらに長い間水に流されるため、砂や泥はもちろん、石がめり込んでいたり、流木を使って何かものをつくろうとすると、木を洗ったり、長い期間乾かしたり、さらに道具を傷めたりと大変手間がかかるため、木工の職人さんや作家さんたちが嫌がる素材のひとつです。
でも、そんな流木だからこそ、人が手をかけてつくるオブジェや実用品は、そのものの形が作り手の感性を引き出し、実に味わいのあるものになります。

流木について 2□他の素材との組合せ

小さくない石が、木肌にくい込んでるものがあります。木を磨いていると道具を傷めるのですが、石を取り除くことなく仕上げると結構魅力的なものになります。そこで、これから敢えて、「金属」「紙」「ガラス」など他の素材との組合せにもチャレンジしていこうと考えてます。観賞用はもちろんのこと、もっともっと実用的なものを・・・。みなさんも、流木を使って、ものづくりをしてみてはいかがでしょうか?

Copyright 2006-2011 素木庵 All rights reserved.